風の気のままに記

アクセスカウンタ

zoom RSS 名残雪の中を歩く

<<   作成日時 : 2015/03/17 18:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

 2015年3月14日、名残雪の降る中を歩く。
 石割山山行中、突然の春の淡雪。
 普段雪の降っているところを見ることのできない静岡県の人間には感動的な景色だ。
 春の淡雪の中、風情豊かな山路をそぞろ歩く。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



 パソコンユーザーの方は、下のサムネイル画像をクリックし、BGM付きスライドショーのデジブックアルバムで、もう一度ご覧下さい。クリックしたら数秒お待ちください。新しいページが開かれたら、画像内下部右端のデスクトップのマークをクリックし、フルスクリーンモードで覧下さい。
         



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
風さんのお住まいの辺りは
雪が降ると大喜びなさる程 雪にはご縁がない少ないのですか?

純白の名残雪に鳥居の朱、凛と張りつめた空気、
まるで 墨絵のような世界ですね。
雪ん子
2015/03/20 21:37
こちらでは雪がちらつくのは十年に一度位です。積もることは滅多にありません。それでいて、雪が見たければ車をちょっと走らせれば見ることができます。住むにはいいところです。
今回は本当に程よい降り具合で感動しました。将に名残雪、淡雪、細雪と言う表現のどれを使ったらよいか迷います。(笑)

2015/03/20 21:54
四季折々の美しさを「雪月花」というように
雪には独特の魅力があり
それを表す言葉もたくさん生まれています。

名残雪   もうすぐ春という頃に名残を惜しむように降る雪。
淡 雪   うっすらと積もってすぐ溶けてしまう雪。
細 雪   細やかに降る雪。

みんな同じようで本当に迷いますね。

因みに私の雪は 風上の降雪地から、風にのって流されてきた雪「風花」(^-^:)

雪ん子
2015/03/24 12:49
名残雪、淡雪、細雪・・・いずれも情緒溢れる言葉で、日本語っていいなと思いますね。風花もまた風情溢れる言葉でいいですね。上越辺りから飛んでくるのでしょうか?

2015/03/24 17:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名残雪の中を歩く 風の気のままに記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる