風の気のままに記

アクセスカウンタ

zoom RSS 沼津アルプス(北行き)縦走

<<   作成日時 : 2017/03/12 14:05   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 沼津の海岸沿いに連なる香貫山、横山、徳倉山、志下山、小鷲津山、鷲津山、大平山の山々を、地元では「沼津アルプス」と呼んでいる。
 ご当地アルプスと言うと、「鎌倉アルプス」のように柔いハイキングコースを連想するが、この「沼津アルプス」は少々違う。標高こそ最高峰の鷲津山が392mと大したことはないが、アップダウンの連続を6〜7時間歩き続けるなかなか過酷なトレーニングコースである。
 以前、香貫山の麓から登り始め、大平山まで歩いて多比と言うところに下りる「南行き」コースは三度ほど経験があるが、今回はその逆をやろうと言う「北行き」コース・・・これがなかなかきつかった。初っ端、大平山と鷲津山と言うなかなかの急勾配を登らされるので鷲津山の山頂に着いた頃は既に半分ほど気力が失せていた。それでも老体に鞭打ち、香貫山の麓に下り立った。
 2017年3月11日、多比をスタートしたのが8:50〜香貫山の麓に下り立ったのが16:00頃。約7時間チョイのコースタイムは少々遅すぎるようだが、67歳の年寄りが怪我もせず無事下山したのだからマズマズだろう。(笑)

 香貫山の頂上では日も傾き、夕日に輝く奥駿河湾がひねもすのたりのたりする様を眺めることができた。美しい風景だ。その香貫山の山腹では「ヒイラギナンテン」と言う珍しい花も見た。また横山では何桜かは分らぬが、紛れもない桜を早々に眺めることもできた。まあ、マズマズの山行であろう。

 以前、南行きをやった時には、すれ違う人も追い抜いて行く人も見当たらず人気のない山であったが、近年、人気が出てきたようで、今回はかなりのハイカーに出会った。東京&神奈川などから来ていた人に聞くと、東京から近い&低山なのに岩場あり一応の鎖場ありでなかなかの手応えがある&山歩きしながら海を眺められる等々が人気の理由らしい。
 ハイキング終了後はバスに乗って沼津駅に出て、ステーションビル西側のイーラデと言うビルの中にある「魚河岸」と言う回転寿司屋で乾杯すればい締めくくりになるだろう。
 駅は単なる通過点・・・高架化してもそんなもの見に来る人は居ない。それよりも地元の海&山&川の天然の資産を生かし、活性化を計る方がはるかに後世のためになるのだが、いまだに箱もの行政しか頭にない化石のような政治屋が、この街を仕切っている限り、この街の衰退を止めることはできないだろう。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

   はて?なに桜でしょう?
画像

     ヒイラギナンテン
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



 BGM付きスライドショーのデジブックアルバムでもご覧ください。
 http://www.digibook.net/d/7544e513910f9fb8a3be660557a9dcb7/?viewerMode=fullWindow ←PCでご覧ください。
 クリックしたら次の画面のデスクトップのマークをクリックしてフルスクリーンモードでご覧ください。
        



にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沼津アルプス(北行き)縦走 風の気のままに記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる