風の気のままに記

アクセスカウンタ

zoom RSS 万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と

<<   作成日時 : 2018/06/03 11:46   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 「とにかく新基地は造らせない。でも、もし万策尽きたら、その時は2人で座り込もうな」
 沖縄県の翁長雄志知事は知事当選を果たした夜、自宅に戻って晩酌を傾けながら妻にこう語ったという。証言したのは、その翁長知事の妻・樹子夫人。(2016年1月8日付・ニュースサイト・Literaより)
 翁長さんの言葉が、その逸話がよみがえってくる。早いもので、今年はまたその沖縄県知事選が巡ってきた。翁長さんの健康状態が気になるが、なんとか頑張ってもらいたい。私が辺野古に座り込みに行かなくてもいい国になってもらいたいものだ。

   万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と ((2018年6月3日付・朝日新聞・朝日歌壇=永田和宏・選)

 返還後46年経っても一向に変わらない沖縄。いや寧ろ悪化しているかもしれない。踏みにじられ続ける人権、踏みにじられ続ける安全・・・それらのことから目を背ける日本政府。沖縄に申し訳ない。
 本土人の一人として、同胞・沖縄のために何ができるだろうか?考え続けなければならない。



 関連記事

 【短歌】

   寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (2017年3月20日付・毎日新聞・毎日歌壇=伊藤一彦・選)

   故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ  (2016年8月14日付・東京新聞・東京歌壇=東直子・選)



 【俳句】

   好かぬとも一度は食す初鰹 (2018年5月24日・俳句ポスト365、兼題=初鰹、「並」)

   日輪の地に零れたる金盞花 (2018年4月26日・俳句ポスト365、兼題=金盞花、才能無しの「並」(´ω`)ショボーン)

   パンジーのおしくらまんじゅういと温し (2018年4月12日・俳句ポスト365、兼題=三色菫、またまた「並」、ちっとも上達しないな。やはり才能無し!トホホ・・・)

   春潮につられし風に舞うカイト (2018年3月29日・俳句ポスト365、兼題=春潮、「並」)

   薇を採りに行くぞと螺子を巻き (2018年3月15日・俳句ポスト365、兼題=薇、「並」)

   しゃぼん玉こわれ急ぎし友一人 (2018年3月1日・俳句ポスト365、「並」)

   あおさ汁 椀に潜みしモビーディック (2018年1月・俳句ポスト365、兼題=石蓴、「門前払い」)

   探梅と言えど山野に梅は無し (2017年12月・俳句ポスト365、兼題=探梅、「並」)

   軍備より外交力の抑止力 (2016年8月20日付・中日新聞静岡版・平和の俳句)

   燻りを戦火となすな春驟雨 (2016年6月4日付・中日新聞静岡版・平和の俳句)

   故郷(くに)追われ山河も喪失原発禍 (2016年5月7日付・中日新聞静岡版・平和の俳句)


にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と 風の気のままに記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる