渡辺莞爾の個展

 静岡県駿東郡長泉町に最近できた県立がんセンター。その前の坂道をぐんぐん登って行くと別荘地のような高級住宅街として知られる駿河平がある。その駿河平のクレマチスの丘を通り過ぎた奥まったところに、渡辺莞爾の個展が開かれているギャラリータケイはあった。

画像

 街中から遠く離れ、閑静な佇まいの画廊は将に“渡辺莞爾”の個展を開くに相応しいところだった。

画像

 ふと何十年も前の光景を思い出した。私が初めてスキューバーダイビングをした時のことである。悲しいかな、それは夏のことで、西浦の海は一寸先も見えないほど濁っていた。そんな海にいきなり潜らされ、ビギナーの私は一発でパニックに陥った。いくら頑張っても耳は抜けず、浅い呼吸を繰り返すばかりでたちまち苦しくなり、遂に潜ることができなかった。打ちのめされた私が、他のダイバーにそんな様子を見られぬように、こそこそと逃げるように丘に上がると、そこに莞ちゃんがいた。「怖いよね、海は・・・」彼はそれだけ言ってにこやかにこちらを見ていた。私は一瞬で癒され、すーっと肩の力が抜けた。

画像

画像

画像

画像

 季節は冬。しかし、画廊の南側の大きな窓越しに忍び込む午後の日差しは暖かく絵画を包み込み、彼の作品の明るさと優しさを一層際立たせていた。そんな昼下がりの日差しを背負っていては、三脚も照明器具も持ち合わせぬ素人カメラマンの手に負える撮影ではなかったが、俄かカメラマンは臆することなく、いつも車の後部座席に転がっている安物のコンパクトデジカメを取り出した。
 自分の影や周囲のオブジェのシルエットが、絵画を覆うアクリル板に写らないようにするには、正面からの撮影はかなわない。必然、このように斜めからの撮影になってしまい、彼の作品を台無しにしてしまうが、限りなく優しい癒しの画家は「いいよいいよ好きなだけ撮って。」と笑いながら声をかける。

画像

 青、黄等の淡い色彩の色使いが特徴。
 彼の人間性同様、その作品も限りなく優しさを秘めている。

画像

画像

 南仏コートダジュールの海は、彼が育った沼津市西浦のみかん山から見た海の景色と重なる。そして、水彩画から出発した画家だけに、その繊細な作風は今も生き続け、優しさを絵の具にして描いたような作品はノスタルジーを感じさせる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 「おやっ!」と思わせる作品があった。なんとなく彼の今までの作風と違う。新境地を開拓したのだろうか?風景画ではいつも透明感を持った明るい色使いが彼の特徴であったが、この作品の色使いとタッチは今までのものとは違う。夕暮れ時を描いているのだから当然ではあるが、それにしても色使いがなんとなく重い。「印象」を思わせるような水面に映える光の描き方は丁寧な仕上げで、何かを訴えかけているようだ。
 こうして一人の画家の作品を見続けていて、こんな風に今までと趣を異にした作品に出会うと、作者の心の変化を垣間見るようで楽しい。
 この絵を見ながら「次は睡蓮を描いてください」と言ってみた。彼はフッフッと笑っていた。

画像

画像

画像

 車でなくては辿り着けない、ちょっと遠い場所ではあるが、お洒落なギャラリーだ。また尋ねたいと思う。

画像

 ※渡辺莞爾作品ご希望の方は、“風”こと私めまでメールにてお申し付けください。莞爾氏に取り次ぎます。
 メール送信先はここをクリックしてください。
 写真のデキが悪いので、生での鑑賞をお薦めしたい。
 会場は次の通り。
画像


※関連記事ご紹介
2009 KANJI 花と南フランス・北フランス・ベニスの旅   渡辺莞爾展2008ご案内

 彼の作品をもっと見る場合はここをクリック。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • きゅー

    素敵な絵画展ですね☆私の大好きな雰囲気です♪お洒落なギャラリーだし、近かったら絶対に車飛ばして行ってみたい所です♡
    2008年01月09日 23:45
  • 是非おいでください。東名ぶっ飛ばして・・・但し、時速100キロ以内で。ヽ (´ー`)┌
    2008年01月09日 23:51
  • ウルフのスナフ

    南仏コ-トダジュールやカンヌ・・・
    懐かしいな~~~!
    一昨年、行ったので・・・
    こんな風景が広がっていたな~~~
        ありがとう~~
    2008年01月10日 16:34
  • ウルフのスナフさん、機会がありましたら、絵の方も是非生でご覧になってください。
    2008年01月10日 18:47
  • えりちゃん

    優しい色彩ですね~~。
    確かに心を癒されます。
    最近ちょっとトゲトゲしている私にはいいお薬になりそうです。
    2008年01月11日 06:10
  • トゲトゲ?・・・それはいけませんね。
    では、リビングに1枚飾って、常に癒されているようにするといいですよ。ヽ( ´ー)ノ
    2008年01月11日 08:11
  • ウルフのスナフ

    風さん、
    是非 生で鑑賞したいと思います。
    ちても良い空間ですね!!
    2008年01月11日 21:46
  • ええ、ギャラリーだけでなく、駿河平全体がなかなかいい所ですよ。クレマチスの丘と呼ばれて親しまれている、ビュッフェの美術館やレストランや公園等が散在する施設↓もあり、結構楽しめるんじゃないかな?
    http://www.clematis-no-oka.co.jp/index2.html
    レストランは見るからに高級そうで私には敷居が高くて入ったことがないので味の方は分かりませんが・・・。ヽ (´ー`)┌
    是非お出かけください。
    2008年01月11日 23:38
  • えりちゃん

    レストランじゃなくピザショップもありますよ~
    今度ご馳走してね!(笑)
    トゲトゲも美味しい食べ物には癒されます。
    2008年01月12日 06:55
  • ほほ~詳しいですね。少なくとも私よりは詳しそうですね。
    ふむふむ、ピザ位じゃ私でも大丈夫かな?OK.ピザ奢りましょう。ヽ( ´ー)ノ
    2008年01月12日 07:47
  • ウルフのスナフ

    風さん、素敵の情報をどうもありがとう!!
    「クレマチスの丘」・・・洒落た名前ですね。
    今度行ってみます。
    2008年01月12日 13:14
  • そうですね。クレマチスって言う言葉の響きがが洒落てますね。
    長泉町はクレマチスの苗木の全国シェアが60%を占める日本一の産地だそうですから、その思いいれも深いのでしょう。
    2008年01月13日 12:18
  • 博士

    こんばんは

    素敵なギャラリーですね。人もあまりいないのではないでしょうか?
    こんな所でのんびりと絵を鑑賞するっていいですね。私は絵を鑑賞することは大好きですよ。
    2008年01月15日 22:06
  • ギャラリーも素敵ですけど、今回の個展の絵もいいですよ。
    機会があったら是非ご覧下さい。
    2008年01月15日 22:32
  • えりちゃん

    ピザとドリンクもセットで!!
    しかし…きっとこの絵高いのでしょうね。
    2008年01月15日 22:52
  • いえいえ、えりちゃんのポケットマネーでOKでしょう。ヽ( ´ー)ノ
    日頃の頑張りに対する自分へのご褒美と言うことで。(^-^ )
    早く行かないといいのから売れちゃいますよ。

    ハイ、ピザとドリンクをセットでね・・・OK.
    では一枚よろしく。ヽ (´ー`)┌
    2008年01月15日 23:21
  • みの

    σ(・・=*)アッシも 「おやっ!」 っと思った

    一番 好きな絵かも… ホシィッ☆O(> <=)o☆o(> <=)O☆ホシィッ

    渡辺莞爾先生の絵は 海外でも人気なんでしょうねぇ☆彡
    2008年01月18日 21:25
  • みのさん、あの夕暮れを描いた奴ですね。
    予約しときましょうか?ヽ (´ー`)┌ まだ売れてないかな?

    まあ、見るだけでも、そう遠くないんだからいいじゃありませんか?ヽ( ´ー)ノ
    2008年01月18日 23:31