岡田ジャパン

 昨日の試合は、あまり褒められたものではなかったが、それでも監督が岡田に代わってから随分と良くなってきている。特にこの前の試合ではポテンシャルを感じることができ、且つ、チームの雰囲気の良さも感じ取ることができた。
 これは別に岡田が有能な監督と言うことではなく、今のところ、単なるリバウンドと考えた方が良いだろう。まあ、日本サッカーを全然知らない前任者の的外れな指揮で沈滞していたチームが、普通の状況に戻ったと言ったところだろう。物事には必ずリバウンドがあるものである。

 昨日は兎も角、その前のホームでのオマーン戦のデキが良かったため、これから少しは期待できると思ったのだが、期待すると直ぐにこうなるので迂闊な期待は禁物である。
 特に大久保!彼はジーコ監督時代にキャパクラでの乱痴気騒ぎで愛のムチを受けたにも関わらず、その教訓を活かす事ができなかった。チャンスを自ら潰す人間に将来性は感じられない。

 さて、チーム事情が良くなった原因だが、それはやはり中盤であろう。中盤に松井一人が入っただけで随分とクオリティーが向上した。中盤にはファンタジスタは欠かせない。中村、長谷部、松井の三人の人選には文句のつけようが無い。これに小野伸二が加われば、涎の出そうな中盤になる。問題は、岡田に伸二を呼べるだけの度量と伸二を使いこなせるだけの器があるかどうかだ。
 小野伸二を巧く使いこなせたら、並みの監督から一気に一流監督の仲間入りができるのだが、さて、最後に残された楽しみなサプライズである。

 中沢、闘莉王のストッパーも不動の人選と言っていいだろう。
 サイドバックはポジション争いが熾烈になってきた。駒野、内田を安田、長友と言った生きのいい選手が猛追している。いいことである。凌ぎを削ってレベルアプしてもらいたい。

 フォワードはいつも通り誰でも良い。その時、一番調子が良いと思われる選手を起用すればよいだけである。そう言う意味で昨日の大久保の人選は止むを得なかった。

 代表監督の仕事は選手の育成でも生活指導でもない。選手の人選と、それにあったフォーメーションを決めることだ。この二つで99%を占めると言って過言ではない。残りの1%はベンチでの適切な指示である。因みに、選手個々人の品格・体調管理等は100%選手個々人の自己責任である。
 だが、それ以前に、代表監督の選んだ選手個々人のプレー及び日頃の行いは、常に衆目に曝されると言う事実を忘れてはならない。その衆目の中には、代表選手のプレーを手本としようとしている青少年の目も数多く含まれていることを決して忘れてはならない。その辺のところを一番良くわきまえていた人がジーコさんであった。彼は厳しすぎるほどにそのことに徹していた。当然のことながらこの教えは社会の構成員として最も大事なことである。これは大前提である。
 岡田が再び大久保を招集することは、よもやあるまいと思うが、もしそれでも呼んだならば、サッカーファンは良くぞやったと彼をたたえるであろうか?眉をひそめるのは私一人であろうか?
 これも、私にとって楽しみなサプライズとなる可能性を持つこととなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント