地球温暖化の原因って、異常気象の原因って本当は何なの?

 最近の過去に例を見ない破壊力を持った台風の発生等々、異常気象の原因は、地球温暖化にあると報道されている。そして、その温暖化の原因は炭酸ガスを初めとする温室効果ガス等々の排出にあるとも報道されている。
 温室効果ガスの影響は、多分あるだろうと推測できる。しかし、それだけであろうか?
 これまでの100年で地球の平均気温は0.74℃上がったと言われている。また、これからの100年で、1.1℃から6.4℃上がるだろうとの予測もある。1.1℃から6.4℃とは随分と幅がありすぎて、これが科学かい?と思いたくもなるが、他にも、これで科学的な分析といえるのかい?と思いたくなる節もある。

 台風の発生は海水温の上昇に原因があると良く報道されている。
 私は専門家ではないし、ましてやアカデミックな教育は受けていないので、どなたか分かる人に教えて貰いたいのだが、熱と言うものは上に上がる性質があると、確か小学校か中学校かで習った記憶がある。この100年で海水の上にある地球の大気の温度が、0.74℃上がった。地球の大気が海の底に・・・底とまでは言わなくても海面から1mでも下にあったら、海表面の温度を少し上げる効果はあるだろうなと、教養のない私でも推測はつく。しかし、海表面の上にあるヒーターが0.74℃上がって、どれ程海表面を温めることができるであろうか?
 むしろ、オゾン層の破壊により、海面に降り注ぐ日光が強烈になって海水温が上がったと言ってくれた方が説得力があるが、それも海面温度の上昇にどれくらい寄与しているかは聞いたことも無い。

 以前、小出裕章さんが講演会でこう話しているのを聞いたことがある。
 「100万キロワットの原発1基は、核分裂反応で発生した熱を冷ますために、毎秒70トンの海水を7°温め海に戻している。これがどれくらい凄いことかと言うと、あなた方にとって丁度いいお風呂の温度は何度ぐらいでしょう?そこから7°温度を上げて入れますか?・・・7°ってそれくらい凄い温度差なんです。」
 そして次のように付け加えた。
 「荒川と利根川の流量を合わせても毎秒70トンはありません。つまり、原発1基で、荒川と利根川を合わせたよりも大きくて暖かい大河が海に流れ込んでいるわけです。」

 日本では今現在稼働中の原発はゼロであるが、それでも核燃料は熱を発し続けている。過去50年位は誰に遠慮することも無く何十基もの原発がフルに稼動していた。そして。世界には稼働中の原発は幾つあるだろうか?それら全ての原発が海水温を直接暖め続けている熱量って、一体どれくらいなんだろうと思う。
 原子力ムラに懐柔されたマスメディアは異常気象の原因は二酸化炭素等々の温室効果ガスの排出だけにあるように報じているが、果たして、温室効果ガスと、原発が直接海水温をあげている影響と、どっちがデカイだろうか?疑問でならない。

 また、地球は魔法瓶ではないから、大気中に蓄えられた熱が永久に閉じ込められて、海水を温め続けているとは考えにくい。下にある海に注がれる熱よりも、上にある宇宙に放出される熱の方がはるかに多かろうと推測することは間違いだろうか?それとも温室効果を語る場合は、科学の定説を覆し、熱は下(海)に向かって伝わるものと言いたいのだろうか?

 氷河期はこの地球上に何回となく訪れている。そして現在はその間氷期といわれている。温度差をグラフで表すと放物線の連続だ。この自然現象により、今と言う時期が、果たして、その放物線の上に向かっているところにあるのか、或いは、下に向かっている時期、つまり気温上昇のピークを過ぎて次の氷河期に向かっている時期にあるのか?それさえ定かでないのである。
 「温暖化の原因は自然現象であり温室効果ガスは全く関係ない」と主張する説もあるが、全く関係ないとはいささか乱暴であり、かえって説得力を欠く羽目になっていると思われる。
 また、海底火山の噴火で海水を直接温めていると言う要因もあり、その辺のことは全然分かっていないと解釈した方が無難だろう。
 「温暖化、温室効果ガス」と言う二つの言葉で洗脳された脳を一度初期化し、もう一度考え直した方がいいのではないだろうか?果たして地球は温暖化に向かっているのか、寒冷化に向かっているのか、それさえも定かではないのだから。

 故に、地球は温暖化されつつあり、その犯人は二酸化炭素だけだのごとき報道は実に胡散臭く、そのように画策する力が・・・端的に言うなれば、原子力ムラと言うモンスターシステムの力が働いていると推測せざるを得ないのでえある。このまま行けばこの国は彼らに間違いなく滅ぼされるだろう。
 そのモンスターシステムについては、原発ホワイトアウト(←クリック)と言う本に詳しく書かれている。小説と言う形態をとってはいるが、システムについて、そして、そのシステムにこの国全体が操られている・・・と言うより、弄ばれているのは事実だろう。そして、それを許しているのは、他ならぬ国民であるが、今後もまだそれを許し続けるつもりなのだろうか?この国の人々は。
http://kazenokinomamaniki.at.webry.info/201311/article_1.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント