雪の花園

 2016年3月12日、神奈川県秦野市の大倉バス停より塔ノ岳まで、時折、名残雪のちらつく中をただひたすらに歩いた。
 大倉バス停は標高300m、塔ノ岳は標高1,490m、標高差1,190m・・・大したことないように思えるが、登って下りてまた登っての延べの高低差は1,800m。富士宮口からの富士登山の高低差1,376mに匹敵するだろう。しかも往復14kmの山道。
 タモリと違い高低差の苦手な私にはキツイコースだ。だが、ただだらだらと長いだけのため通称馬鹿尾根と呼ばれる大倉尾根をただひたすらに歩いて、辿り着いたところは別天地だった。前日の春の淡雪が樹氷を形成し、まるで満開の桜!実に美しい光景だ!誰よりも早く満開の桜を見た気分は最高であった。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



 BGM付きスライドショーのデジブックでもご覧ください。
 http://www.digibook.net/d/ed8489bf804f9fac2f55feb10bbbdcb3/ ←スマホの方はSafariで開いて、タップしたら器械を横にし、指で画像をディスプレイの真ん中に合せてご覧ください。
 PCの方は下の画像をクリック。次の画面でデスクトップのマークをクリックし、フルスクリーンモードでご覧ください。
          


この記事へのコメント

kokoro
2016年03月14日 16:49
 樹氷美しいですね テクテクとひたすら歩く姿が目に浮かびます。春はもうそこに来ています。 ナイス! 次を楽しみにしております。  
雪ん子
2016年03月14日 19:48
念ずれば花ひらく。でしょうか。
ご苦労の甲斐あって素晴らしい純白の花園に出会えましたね。
美しい光景にしばし見とれてしまいました。感謝!
2016年03月14日 20:24
kokoroさん、コメントありがとうございます。そうですね、春はもう直ぐそこまで来ているのでしょうね。次は新緑を楽しみにひたすら歩きます。
2016年03月14日 20:28
雪ん子さん、お久しぶりです。大倉~塔ノ岳はかなり長くきついため景色なんぞは夢の内でしたが、頂上に近づくにつれ雪景色がこの世のものとは思えぬほど美しくなって行ったので、疲れも忘れて歩くことができました。いい景色に出会え天に感謝です。