反省

 反省するにおいて反省しすぎると言うことはない。また「既に反省した」と言う表現もあり得ない。反省は一度すればそれで充分と言うことではない。  反省は同じ過ちを二度と繰り返さないためにするものである。その為には永遠に反省し続けなければならないであろう。  また、反省の延長線上に「謝罪」があるが、謝罪は傷つけてしまった相手(被害者)の気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more