軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条

   軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条  憲法九条に助けられたことが何度となくあった。しかし、自衛隊のインド洋への派遣により、日の丸を隠さなければならなくなった・・・武力ではなくブルドーザーで、乾燥と戦乱の砂漠を緑豊かな平和な土地に変えた男・・・医師・中村哲さんの語ったことが重く今にのしかかる。  日本が再び若者を戦地に送り込める国になるか?それとも平和を希求し近隣諸国から信頼される国家になるか?正念場の年になりそう。  誰も武力の犠牲になることのない世の中を目指したいものである。  年頭にあたりかく思う次第。  合法的民衆蜂起・れいわ一揆(れいわ現象)、と、山本太郎を応援しています。 関連記事 【短歌】 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (東京歌壇入選) 兵士らの最期の地こそ慰霊の地 心に残る象徴の行脚 寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (毎日歌壇入選) ほくそ笑む悪魔の顔が目に浮かぶ老朽原発再稼働の報 国破れ山河も失くす原発禍 再稼働の意義どこに見出す ことあらば山河喪失百万年 そを望むのか原発列島 万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選) チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ 軍事基地 「民も国土も環境も 守れぬ」と告ぐジュゴンの亡骸 九条は斬新なれど人心の風化は激し不戦忘るな 軍備…

続きを読む