コノハナサクヤヒメの化身

 さて?これは何でしょう???  ハイ、ヤマシャクヤクの芽です。  年末から年明けにこのような芽を出し、このままの状態で2~3ヵ月の間、じっと春を待ちます。その姿は健気と言うか辛抱強いと言うか?その寒さをじっと耐え忍ぶ姿には感銘を受けます。  やがて春が来て、5月の上旬~下旬の間に、2~3日の短い見ごろの開花時期を迎え、純白の大粒の真珠の様な美しい花を咲かせる。その姿は富士山の祭伸・コノハナサクヤヒメ様の真珠のネックレスから零れ落ちたのではないかとさえ思う。  耐え忍ぶ長さに比べ、花として咲き誇る期間の短さに何とも言えぬ儚さと健気さを感じる。将に「辛抱の象徴」  大分温かくなった。そろそろ動き始めるかな? にほんブログ村

続きを読む

渡辺莞爾展 2022 ご案内

 いつ終わるとも知れぬコロナ禍、外国の主権やその国の人々の日常を軍靴で踏みつける野蛮な戦争、どんな事情があろうと許すことのできない侵略行為・・・殺伐とした雰囲気が続いておりますが、こんな時こそ優しい絵画に触れ心安らかに保ってはいかがでしょうか?  2022年の渡辺莞爾展のご案内をさせていただきます。  3月11日(金)~3月20日(日) 午前10時30分~午後6時  於・Gallery 701  静岡県三島市本町17-309  電話055(976)0038 土肥の不二(12S) 花(8M) ベニス夕映(8M) ル・カネの虹(25F)  是非一度、足をお運びください。 にほんブログ村

続きを読む