テーマ:富士山

三つ峠からの富士

 1月30日、我が郷土では雨だったが、隣の山梨県では雪だっただろうと、中一日おいた2月1日、三つ峠へ雪見遠足に出かけた。  歩き始めて程なく、軽アイゼンを装着し富士の眺めが良いと言う開運山の山頂を目指す。  どちらが裏か表かはどっちでもいいが、いつも太平洋側から眺めている富士を偶には反対側から眺めるのもよかろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しい年、希望の山・富士山

 富士山は何処から見ても素晴らしいが、私はやはり海越えに見る富士山が一番好きだ。  それも、新春の雪を戴いた海越えの富士山が、のたりのたりとした海の上に聳える姿は喩えようもなく美しい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊豆山稜線歩道を歩く・その1

 踊り子ラインばかりが伊豆ではない。伊豆はもっと奥が深く、他にもいいところはいっぱいあるはず。  伊豆再発見を心がけ、最初に思いついたのが伊豆山稜線歩道であった。よ~し!こいつをやっつけよう。(笑)  伊豆山稜線歩道・・・ご存じだろうか?・・・天城峠と修善寺・虹の郷を起終点とし、古峠~二本杉峠~滑沢峠~三蓋峠(みかさとうげ)~つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富士と桜

 晴れてよし曇りてもよし富士の山もとの姿は変わらざりけり・・・と山岡鉄舟が謳った富士の山。しかし、新郎が新婦のベールをはずして口づけするように、その美しい素顔を見たいと言う思いで、刻々と変わる雲の動きを見つめること約一時間。  2012年4月7日、この季節にしか見ることのできない「富士と桜」と言う日本を象徴するオブジェのツーショット。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金時山からの富士の眺め(冬)

 12月5日晴れ。  富士山を眺めるには絶好の日よりである。  絶景が望めるわりには手軽な山・金時はこの日も山頂から人が零れ落ちそうなくらい、老若男女で賑わっていた。  パソコンユーザーの方は、下のサムネイル画像をクリックし、BGM付きスライドショーのデジブックアルバムをご覧下さい。クリックしたら数秒お待ちください。新…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金時山からの富士の眺め(秋)

 金時山頂からの富士を眺めたいと思っているところへ、折りよく友人から誘いのメールが届いた。早速快諾。  2010年11月13日(土)、天気晴朗なるも黄砂が来襲するだろうとの予報。  道すがら車窓から眺める遠くの空は、予報通りこの時期にしては珍しい霞み方。  天気予報を聞いていなければ、遥かに霞む富士を幻想的だな、と評したであろ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今日の富士山

 仕事で外出したその途中、よく晴れた空の下、いつもと変わらぬ美しい富士が見えた。  生まれた時から富士の見えるところで育ち、誰でもそうだろうが、この山には特別な思い入れがある。旅行などに出かけ、遠くから帰って来て富士が見えると、いつもホッとしたものだ。  仕事などで疲れ、ふと顔を上げて富士が見えると、いつも気分を一新してくれたものだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金冠山

 二酸化炭素排出削減に世界中が躍起となっているにもかかわらず、「休日は何処まで行っても高速道路料金千円」などと能天気な施策に国を挙げて浮かれ、日本中のあちこちで渋滞を作り出し、二酸化炭素排出増大にいそしむ天の邪鬼国家・日本。そんな情けない笛をいくら麻生君が釈迦力になって吹こうが、「決しては踊りはせんぞ!」と、休日の高速道路利用を自ら封じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の訪れ

 あたまを雲の 上に出し 四方の山を 見おろして  かみなりさまを 下に聞く 富士は日本一の山  青空高く そびえ立ち からだに雪の 着物着て  霞のすそを 遠く曳く 富士は日本一の山  童謡・「富士山」と同じように雪を戴き、確かに頭だけ出してはいるが、 それは雲の上ではなく、濃い春霞の上であった。冬の富士山を…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

ちらり富士を楽しむ

 4月30日、昨日よりは少し春霞がかかったものの、きょうも晴。  前日、金時山の頂から眺めたドーンと裾野まで広がった堂々たる富士もいいが、山の稜線から見え隠れする富士もまた良い。愛鷹山塊位牌岳に長泉側から登ると、そう言う富士を味わえる。  水神さんから長泉方面へ林道を歩く。池の平からは登らず、そのまま池の平を通り過ぎると、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金時山に登る

 子どもの頃、耳にした金太郎さんの話、齢を重ねるに従い記憶力もあてにならなくなり、何時しか、金太郎さんも金時娘も区別がつかなくなっていた。  ええ~と、金太郎さんはどこに住んでいたっけ?金時山だったかな?それとも足柄山だったかな?いやいやカチカチ山だったんじゃないか?  日本の昔話は殆どが“鳥獣戯画”状態。いろいろな動物が登場するの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一富士二鷹・・・と言うので

 12月30日。晴れてはいたが、前日に比べると少し霞がかかっていた。「昨日ならば良かったのだが・・・」  前日の12月29日は快晴だった。だが、その日は仕事の最終日。遊びに行けるような余裕はなかったから仕方ない。  私も含めて、このブログを見た人がいい初夢を見れるように、そして夢の富士を見れなかった人は現の富士を見れるように、日帰り…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

黒岳からの富士山&越前岳からの富士山

 夏から寒くなるまでの間、足繁く通った太郎坊が12月1日に、来年のゴールデンウィークの前までの間閉鎖される。よって、閉鎖前の最後の土曜か日曜には行ってみようと思っていた。どうも日曜日は天気が下り坂のようだ。行くとしたら土曜しかない。しかし、その日に限って妙なことを思い出した。  太郎坊の駐車場周辺には3匹の・・・(野犬?野良犬?と言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more