軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条

   軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条  憲法九条に助けられたことが何度となくあった。しかし、自衛隊のインド洋への派遣により、日の丸を隠さなければならなくなった・・・武力ではなくブルドーザーで、乾燥と戦乱の砂漠を緑豊かな平和な土地に変えた男・・・医師・中村哲さんの語ったことが重く今にのしかかる。  日本が再び若者を戦地に送り込める国になるか?それとも平和を希求し近隣諸国から信頼される国家になるか?正念場の年になりそう。  誰も武力の犠牲になることのない世の中を目指したいものである。  年頭にあたりかく思う次第。  合法的民衆蜂起・れいわ一揆(れいわ現象)、と、山本太郎を応援しています。 関連記事 【短歌】 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (東京歌壇入選) 兵士らの最期の地こそ慰霊の地 心に残る象徴の行脚 寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (毎日歌壇入選) ほくそ笑む悪魔の顔が目に浮かぶ老朽原発再稼働の報 国破れ山河も失くす原発禍 再稼働の意義どこに見出す ことあらば山河喪失百万年 そを望むのか原発列島 万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選) チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ 軍事基地 「民も国土も環境も 守れぬ」と告ぐジュゴンの亡骸 九条は斬新なれど人心の風化は激し不戦忘るな 軍備…

続きを読む

チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ

チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ  私たちはあなたたちを注意深く見ている。それが、私のメッセージだ。  こんなことは、完全に間違いだ。私はここに立っているべきではない。私は海の反対側で学校に戻っているべきだ。それなのにあなたたちは、私たち若者のところに希望を求めてやってくる。(そんなことが)よくもできるものだ。あなたたちは空っぽの言葉で、私の夢と子ども時代を奪い去った。でも私は運が良い方だ。人々は苦しみ、死にかけ、生態系全体が崩壊しかけている。私たちは絶滅に差し掛かっているのに、あなたたちが話すのは金のことと、永遠の経済成長というおとぎ話だけ。何ということだ。  過去三十年以上、科学は極めて明瞭であり続けた。必要な政策も解決策もまだ見当たらないのに、目を背け、ここに来て「十分やっている」なんてよくも言えるものだ。あなたたちは私たちの声を聞き、緊急性を理解したと言う。でもどれだけ悲しみと怒りを感じようと、私はそれを信じたくない。なぜなら、もし本当に状況を理解し、それでも座視し続けているとしたなら、あなたたちは悪だからだ。そんなことを信じられない。  十年間で(温室効果ガスの)排出量を半減するというよくある考え方では、(気温上昇を)一・五度に抑えられる可能性が50%しかなく、人類が制御できない不可逆的な連鎖反応を引き起こす恐れがある。  あなたたちは50%で満足かもしれない。でもこの数字は(後戻りできない変化が起こる)転換点の…

続きを読む

九条は斬新なれど人心の風化は激し不戦忘るな

関連記事 【短歌】 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (東京歌壇入選) 兵士らの最期の地こそ慰霊の地 心に残る象徴の行脚 寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (毎日歌壇入選) ほくそ笑む悪魔の顔が目に浮かぶ老朽原発再稼働の報 国破れ山河も失くす原発禍 再稼働の意義どこに見出す ことあらば山河喪失百万年 そを望むのか原発列島 万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選) チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ 軍事基地 「民も国土も環境も 守れぬ」と告ぐジュゴンの亡骸 軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条 軍備より九条こそが抑止力 永遠であれ不戦の誓い 美ら海を破壊してまで安保基地 国土守らず民も守らず 天命も使命も帯びぬ身なれども捨ててはおけぬファッショの軍靴音(くつおと) 強軍を抑止力との思い込み国土守れず民も守れず 沖縄に犠牲を強いて傘の下 恥ずかしきかな大和心よ 登るより遠く眺むる富士が良い 磐長姫は禍福を転ず 添うよりも遠き雲見の富士が良い磐長姫は禍福を転ず にほんブログ村 【お気楽俳句】 軍備より外交力の抑止力 燻りを戦火となすな春驟雨 故郷(くに)追われ山河喪失原発禍 寒の雨 行くあても無し庭眺む 蝋梅をワンスプレーの中にいる 「芝…

続きを読む

天命も使命も帯びぬ身なれども捨ててはおけぬファッショの軍靴音(くつおと)

関連記事 【短歌】 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (東京歌壇入選) 兵士らの最期の地こそ慰霊の地 心に残る象徴の行脚 寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (毎日歌壇入選) ほくそ笑む悪魔の顔が目に浮かぶ老朽原発再稼働の報 国破れ山河も失くす原発禍 再稼働の意義どこに見出す ことあらば山河喪失百万年 そを望むのか原発列島 万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選) チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ 軍事基地 「民も国土も環境も 守れぬ」と告ぐジュゴンの亡骸 軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条 九条は斬新なれど人心の風化は激し不戦忘るな 軍備より九条こそが抑止力 永遠であれ不戦の誓い 美ら海を破壊してまで安保基地 国土守らず民も守らず 強軍を抑止力との思い込み国土守れず民も守れず 沖縄に犠牲を強いて傘の下 恥ずかしきかな大和心よ 登るより遠く眺むる富士が良い 磐長姫は禍福を転ず 添うよりも遠き雲見の富士が良い磐長姫は禍福を転ず にほんブログ村 【お気楽俳句】 軍備より外交力の抑止力 燻りを戦火となすな春驟雨 故郷(くに)追われ山河喪失原発禍 寒の雨 行くあても無し庭眺む 蝋梅をワンスプレーの中にいる 「芝あやめ」と改名したし「庭石菖」…

続きを読む

万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と

 「とにかく新基地は造らせない。でも、もし万策尽きたら、その時は2人で座り込もうな」  沖縄県の翁長雄志知事は知事当選を果たした夜、自宅に戻って晩酌を傾けながら妻にこう語ったという。証言したのは、その翁長知事の妻・樹子夫人。(2016年1月8日付・ニュースサイト・Literaより)  翁長さんの言葉が、その逸話がよみがえってくる。早いもので、今年はまたその沖縄県知事選が巡ってきた。翁長さんの健康状態が気になるが、なんとか頑張ってもらいたい。私が辺野古に座り込みに行かなくてもいい国になってもらいたいものだ。    万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (2018年6月3日付・朝日新聞・朝日歌壇=永田和宏・選)  返還後46年経っても一向に変わらない沖縄。いや寧ろ悪化しているかもしれない。踏みにじられ続ける人権、踏みにじられ続ける安全・・・それらのことから目を背ける日本政府。沖縄に申し訳ない。  本土人の一人として、同胞・沖縄のために何ができるだろうか?考え続けなければならない。  PS:後日、ネット上でこのようなブログを見つけた。このように思っていただきありがたいことである。  他生の縁 今生の縁・・・「辺野古から遠く離れて」 ←クリック  http://tobasan88.blog.fc2.com/blog-entry-86.html  https://columneye.blog.so-net.ne.jp/2018-07-12 関連記事 …

続きを読む

寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い

 寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (2017年3月20日付・毎日新聞・毎日歌壇=伊藤一彦・選)  あの日も寒い日だった。あの年と言った方がいいだろうか。雪が降り被災した人々をなおも苦しめ続けた。天を呪いたくなるほどの悲惨な自然界の事象。それに拍車をかける原発禍!天を呪ってはいけない。呪うべきは人間の業。強欲に憑りつかれ、罪のない人々をまきぞいにし強引に推し進める原発政策。あの日を、あの年を忘れてはならない。憶えていれば原発の再稼働なんてありえないはずだ。 関連記事 【短歌】 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (東京歌壇入選) 兵士らの最期の地こそ慰霊の地 心に残る象徴の行脚 ほくそ笑む悪魔の顔が目に浮かぶ老朽原発再稼働の報 国破れ山河も失くす原発禍 再稼働の意義どこに見出す ことあらば山河喪失百万年 そを望むのか原発列島 万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選) チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ 軍事基地 「民も国土も環境も 守れぬ」と告ぐジュゴンの亡骸 軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条 九条は斬新なれど人心の風化は激し不戦忘るな 軍備より九条こそが抑止力 永遠であれ不戦の誓い 美ら海を破壊してまで安保基地 国土守らず民も守らず 天命も使命も帯びぬ身なれども捨ててはおけぬファッショの軍靴音…

続きを読む

故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ

 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (2016年8月14日付・東京新聞・東京歌壇=東直子・選)  私の母はすぐ下の弟をニューギニアで亡くしていた。  私が小学生だった頃、「お腹すいた。何かない?」とおやつをねだると、母はよく繰言のように呟いていたものである。「アキラも腹を空かせて死んだんだろうなあ~。」 「あの子も私の顔を見さえすりゃ、よく腹減った腹減ったと言ってたよ。」  早くに母親(私の祖母)を亡くした母は、弟たちに対し母親代わりに接していたようだ。  「ワタシャ、ニューギニアに行きたい。あの子は靖国なんかにはいない。あの子はニューギニアにあるんだ。私はニューギニアに行きたい。」 「あの子は戦死じゃない。きっと飢え死にしたんだ。餓死させられたんだよ。」と。   母の言っていた靖国、ニューギニア等々の言葉の意味は小学生の私には良く分からなかったが、母の弟を思う気持ちは脳裏に焼き付いていた。  母のニューギニア詣では叶えられなかったが、近年の、両陛下が重ねられてきた慰霊の旅に込められたお気持ちを鑑みるにつけ、漸く、その頃の母の気持ちが分かるようになってきた。  母はきっと、英霊として祭り上げられ、戦意高揚に利用されるよりも、ニューギニアのジャングルの下で安らかに眠っていてくれと思ったに違いない。  母の代わりに、五・七・五・七・七に母の気持ちを込めて詠んでみた。  畏れ多いことだが、丁寧に慰霊の旅を重ねられる両陛下のお気持ちは、多分このようなお気持…

続きを読む