テーマ:短歌

登るより遠く眺むる富士が良い磐長姫は禍福を転ず

 何十年か前に雲見神社を訪れたことがある。その時、雲見神社の祭神はコノハナサクヤヒメの姉イワナガヒメと知った。  コノハナサクヤヒメとイワナガヒメはセットで富士山の祭神であるニニギノミコトの下に嫁いだが、妹は見目麗しいのに対し姉のイワナガヒメは大変な醜女だったため返品されてしまったとのこと。雲見神社はその悲劇のヒロインが祭神。そのため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九条は斬新なれど人心の風化は激し不戦忘るな

 【短歌】  軍備より不戦の誓いに抑止力守り抜きたし憲法九条  軍備より九条こそが抑止力 永遠であれ不戦の誓い  美ら海を破壊してまで安保基地 国土守らず民も守らず  天命も使命も帯びぬ身なれども捨ててはおけぬファッショの軍靴音(くつおと)  万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天命も使命も帯びぬ身なれども捨ててはおけぬファッショの軍靴音(くつおと)

 【短歌】  軍備より不戦の誓いに抑止力守り抜きたし憲法九条  軍備より九条こそが抑止力 永遠であれ不戦の誓い  美ら海を破壊してまで安保基地 国土守らず民も守らず  万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選)  強軍を抑止力との思い込み国土守れず民も守れず  九条は斬新なれど人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政界に赤潮の湧く ならい吹け

 政界に赤潮の湧く ならい吹け (2018年7月2日・俳句ポスト365、兼題=赤潮、「よしあきくん一期一会の一句」第六位)  「よしあきくん一期一会の一句!」とは初めて。いいのか悪いのか分からないが、「並」よりは一歩前進と自分勝手に前向きにとらえたい。(笑)  赤潮とは検索すると、大量のプランクトンの発生によって、海面が赤褐色に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と

 「とにかく新基地は造らせない。でも、もし万策尽きたら、その時は2人で座り込もうな」  沖縄県の翁長雄志知事は知事当選を果たした夜、自宅に戻って晩酌を傾けながら妻にこう語ったという。証言したのは、その翁長知事の妻・樹子夫人。(2016年1月8日付・ニュースサイト・Literaより)  翁長さんの言葉が、その逸話がよみがえってくる。早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しゃぼん玉こわれ急ぎし友偲び

 しゃぼん玉こわれ急ぎし友思う (2018年3月1日・俳句ポスト365、「並」)  俳都・松山市が主催する「ネット句会」とでも言うのだろうか?かの夏井いつきもかかわっている「俳句ポスト365」に応募してみた。結果は・・・恥ずかしながら惨敗!「天、地、人、並」と言うランク付けがあるようだが、その最下位の「並」であった。しかもその「人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い

 寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (2017年3月20日付・毎日新聞・毎日歌壇=伊藤一彦・選)  あの日も寒い日だった。あの年と言った方がいいだろうか。雪が降り被災した人々をなおも苦しめ続けた。天を呪いたくなるほどの悲惨な自然界の事象。それに拍車をかける原発禍!天を呪ってはいけない。呪うべきは人間の業。強欲に憑りつか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍備より外交力の抑止力

 軍備より外交力の抑止力 (2016年8月20日付・中日新聞静岡版・平和の俳句)  「平和の俳句」に入選したとのことで掲載誌が届いたが、俳句と言うよりは標語みたいで、ちと恥ずかしい。  「平和の俳句」には、決まりはない。一行の「詩」になっていれば、少しくらい五・七・五を逸脱しても季語がなくてもOK.とのことだが、こうして見返して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ

 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (2016年8月14日付・東京新聞・東京歌壇=東直子・選)  私の母はすぐ下の弟をニューギニアで亡くしていた。  私が小学生だった頃、「お腹すいた。何かない?」とおやつをねだると、母はよく繰言のように呟いていたものである。「アキラも腹を空かせて死んだんだろうなあ~。」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

くすぶりを戦火となすな春驟雨

 燻りを戦火となすな春驟雨 (2016年6月4日付、中日新聞静岡県版・平和の俳句)・・・「春驟雨」なんて言葉を使っているところを見ると春先に作った五目並べなのだろう。大分季節はずれとなってしまった。作った本人も忘れていたが、投稿先のローカル紙から入選と連絡があり思い出した。(笑)  最近、何やらきな臭い!  好戦的徒党が平和憲法と称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故郷(くに)追われ山河も喪失原発禍

 忘れまじ!故郷(くに)追われ山河も喪失原発禍 (2016年5月7日付・中日新聞静岡版・平和の俳句)  原爆も原発も何ら変わりはない。「平和利用」なんて言葉は原発の利権を貪る奴らが「原爆」よりも聞こえを良くするために無理やり当てはめた言葉に過ぎない。現に福島は平和だろうか?  原爆は爆発した瞬間に最悪の事態を迎える。原発は事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more