テーマ:苦言を呈す

原子力防災センター

 原子力防災センター:あまり聞き慣れない言葉だが、福島第一原子力発電所の事故の際には今は亡き吉田所長が陣頭指揮に立った施設・オフサイトセンターの機能を一体的に整備した建物の名称とのこと。福一の事故の時には原発から近すぎるところに設置されており役に立たなかった。そのため、福一後、原発から5㎞以遠&31㎞以内に設置せよと言う事になり、静岡県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の防衛について

 白波の 寄そる浜辺に 別れなば  いともすべなみ 八度(やたび)袖(そで)振る   (詠み:大舎人部祢麻呂)  防人の任に就くため舟で、家族と暮らしていた地を旅立ったのだろう。白波が寄せる浜辺で別れたなら、別れを惜しんで何度も何度も袖を振る。  道の辺(へ)の 茨(うまら)のうれに 延(は)ほ豆の  からまる君(きみ)を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエル化する日本

 イスラエルの建国以来、パレスチナでは戦火の途絶えることがない。  ユダヤ問題は紀元前にまで遡るのだろうが、パレスチナの地が誰のものか?ここではそんな誰にも判る筈のないことを論ずるつもりはない。極至近の現代のイスラエルについて考えてみたい。  イスラエル建国に伴い、土地を追われたパレスチナ人がそれに報復し、イスラエルがまたそれに応じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政治家として腹黒くないので、人気が出ないのではないか」

 タイトルは、福田首相が、帰国した北京五輪選手団を官邸に招き、感謝状と銀製の写真立ての記念品を贈呈した際、握手を交わした柔道の金メダリスト石井慧の、贈呈式終了後のインタビューに答えた弁、「握手をして首相のすべてが分かった。純粋さが伝わってきた。政治家として腹黒くないので人気が出ないのではないか」と言うユニークな分析の一部である。蓋し名言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

郵政民営化の票を憲法改悪に利用するな!

 ああ~小泉さんにはすっかり騙された。私ともあろう者がまんまとしてやられた。  目的は憲法改悪にあったのか?郵政民営化はどうでも良かったのだ。  「郵政民営化は単なるコマセ・・・それに引っかかる奴等が悪いのだ。お馬鹿な日本国民を操ることなどたやすいわ」と、自民党軍拡派の高笑いが聞こえて来る。  前回の衆議院解散は、小泉総理が「…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

お役所仕事とそのご都合主義(金融庁編)

 もう2ヶ月も前の話になるが、息子が入学することになった大学の入学金と授業料を振り込みに銀行に行った。振込み票は大学から送られてきたものがあり、あらかじめ必要事項は印刷されている。金額は百数十万円であるが、自分の口座から振り込むので十万円以上ではあるが本人確認は必要ないはず。  それでも、用心深い私はその事を窓口の行員に伝え確認した。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

キリンチャレンジカップ・ペルー戦(やっぱりオシムは嫌い)

 昨日のペルー戦はまずまずのデキと言っていいだろう。代表監督が交代して以来、初めてのことではないかな?今までと違い、随所でサッカーの形になっていた。その要因は中村俊介の投入であろう。要するにオシムは関係ないと言う事。一部のスポーツ紙にはこの中村俊介のプレーにオシムが苦言を呈したと報道されているが、言う方も言う方だが、この戯言を真に受けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国発世界同時株安???

 中国とインドのバブルがはじけたことが原因か?いや景気後退か?或いはグリーンスパンの発言がきっかけか?とか、いろいろな取り沙汰がされているが、いやいや、ひょっとして日本発かもしれんぞ。それも日銀発と言うか金融政策決定会議発。  世界中がアタフタとする中、我が国には一人ニンマリしている御仁がいる。  女房名義の手持ちの株を高値で売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳沢伯夫さん、住専に公的資金投入の時は国民は税金を払い続ける機械か装置だと思っていたんでしょうね。

 テレビの朝の番組で、柳沢伯男氏の生い立ちから現在に至るまでの特集をやっていた。  たった一言で、思いもよらぬときの人。当の本人が一番びっくりしているのではなかろうか。  別に柳沢氏を擁護するつもりではなかろうが、8人兄弟の貧しい家庭に育った苦労人と報道されていた。しかし、あの時代は何処の家庭も貧しかった。柳沢家に限ったことではない…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

厚生労働大臣って機械から生まれてきたの?

 タイトルは問題発言である。私は柳沢さんのお母上が実は機械だったなんてそんな失礼なことは微塵も思ってはいない。しかし、当のご本人がそう思っているようなので、柳沢氏のお母上には大変失礼ながら敢てそう言うタイトルにしてみた。  当のご本人、恐らく自身のことを鉄腕アトムか鉄人28号だと思っているのではないか?自分は万能だ。世の中の救世主だ。…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

柳沢厚生労働相の女性蔑視発言

 柳沢厚生労働相の「女性を子供を生む機械や装置」に例えた蔑視発言が波紋を呼んでいるが当然のことである。普段からそう思っているから、つい口をついてしまったのだろう。また、それを「直ぐに言い訳したからいいじゃないか」と必死にかばう中川幹事長の体たらく弁解。正しく自民党と言う徒党の性格を表していると言っていいだろう。と言うよりも政治家の体質と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お役所仕事と、そのご都合主義(税務署編)

 一人親方だが一応法人にしてあるので、年に2回源泉所得税を納めることになっている。  社長以下たった一人の会社であるし、売り上げも微々たるものであるから、個人事業で白色申告すれば充分な事業であったが、周りにおだてられ、よせばいいのに法人組織にしてしまったのが運の尽き。個人事業の白色申告であれば、その年の所得税は翌年の2月15日頃~3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金利引き上げ???(◎-◎;)景気低迷なのに。

 某国の中央銀行の総裁殿、自身が株式投資をしていた時期はゼロ金利政策を続け、しこたまもうけたようだ。その国の文化として夫婦は一心同体として、名義が夫であろうが妻であろうが同一人物と考えるのは当然の理。法律で別人とされても同国の文化はそれを許さない。妻名義などと言う言い逃れは通用しない。  で、世間の批判に迎合し、早速高値で売り抜けたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育再生会議座長の珍言

「塾は禁止」 教育再生会議で野依座長が強調  政府の教育再生会議の野依良治座長(ノーベル化学賞受賞者)が8日に開かれた「規範意識・家族・地域教育再生分科会」(第2分科会)で、「塾の禁止」を繰り返し主張していることが、同会議のホームページに掲載された議事要旨でわかった。しかし、再生会議が21日にまとめた第1次報告の原案には「塾の禁止…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

JRってまだ国鉄か???

 先の滋賀県知事選挙の結果は、例え公共事業で県民一人一人の腹は痛まずとも、不要なものに血税を注ぐ必要はないとする滋賀県民の良識を繁栄した結果であり、県民のバランスのとれた感性に敬服するばかりである。その素晴らしい選挙結果を実際に行政に反映させるにはまた山あり谷ありであろうが、それについては今のところ、新知事の行政手腕を見守るしかない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more