テーマ:

渡辺莞爾展(2019年)ご案内

 友人・渡辺莞爾の個展のご案内です。  毎年、東京と地元とでかわりばんこで開催しております渡辺莞爾展、去年は地元での開催でしたので、今年は東京での開催となります。  繊細な感性がそのまま絵ににじみ出たようなイメージ・・・。私の拙い説明より、先ずは百聞は一見にしかず。期間中(5月21日~5月26日)是非、足をお運びください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山の白い妖精たち

 2018年5月30日、その昔、木花咲耶姫が首にかけていた首飾りが切れ、そこから飛び散った大粒の真珠がそのまま花になったような純白のヤマシャクヤクを求めて、雨の中、富士山の中腹を歩く。  ヤマシャクヤク  シロバナクワガタソウ      ギンラン      他県では絶滅危惧種に指定されていると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アマギシャクナゲ

 2018年5月20日、アマギシャクナゲにはまだちょっと早いかな?と西天城・手引頭へ分け入るも、時既に遅し、落下の時を迎えていた。  それでもかなりの花がくくり残され、散り際の美を見せつけるように咲き誇っていた。  シャクナゲを取り囲むブナ林の吐く清涼な空気を胸いっぱい吸いながら、最後の時を迎えた美人さんたちを暫し愛ずる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺莞爾展(2018年) ご案内

 友人・渡辺莞爾の個展のご案内です。  毎年、東京と地元とでかわりばんこで開催しております渡辺莞爾展、去年は東京での開催でしたので、今年は地元での開催となります。  繊細な感性がそのまま絵ににじみ出たようなイメージ・・・。私の拙い説明より、先ずは百聞は一見にしかず。期間中(5月25日~6月5日)是非、足をお運びください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根禁伐林の春の妖精たち

 「整列!」  タチツボスミレが号令をかけ、並んで出迎えてくれた。  箱根禁伐林・・・これから暫しの散策である。   タニギキョウ   ニリンソウ   コケリンドウ   アカガシの大木  アカガシの大木         ブナの大木  ミヤマシキミ  ジロボウエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山のヤマシャクヤク

 その光景はまるで純白の大粒の真珠を散りばめたようだった。  木花咲耶姫を祭神とする富士山の中腹に沢山の真珠が散らばっていた。なんと言う可憐な、何と言う美しい花だろう?穢れのない純白のこの花は、まるで花嫁の綿帽子。  その昔、烈女・木花咲耶姫は夫である邇邇芸命(ににぎのみこと)に貞操を疑われ癇癪を起し、かつて邇邇芸命より…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渡辺莞爾展(2017年) ご案内

 友人の個展のご案内をさせていただきます。  毎年、東京と地元とでかわりばんこで開催しております渡辺莞爾展、去年は地元・三島での開催でしたので、今年は東京での開催となります。  彼の絵画の淡いイメージが見る人をとても優しい気持ちしてくれます。私の拙い言葉より、百聞は一見にしかず。期間中(5月23日~5月28日)是非、足をお運び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンゲショウマ

 2016年8月19日、憧れのレンゲショウマを見に御岳山へ。  あいにくの天気ではあったが、なんと雨でも激混みの御岳山。レンゲショウマのファンの多いことに驚かされる。  これだけチャーミングであれば、最早、どんな形容詞も必要としない。写真は下手だが、どれもモデルは超・可愛い。とくとご覧あれ。(笑) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渡辺莞爾展(2016年) ご案内

 友人の個展のご案内をさせていただきます。  東京と地元とで隔年かわりばんこで開催しておりますが、去年は東京開催でしたので今年は地元・三島のGallery 701での開催となります。  とても優しい気持ちになれる絵画です。私の拙い言葉より、百聞は一見にしかず。期間中(5月27日~6月7日)是非、足をお運びください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛鷹山散歩

 夏も終わりに近い8月23日、愛鷹山を歩く。  水神社の駐車場に車を止め、そこからつるべ落としの滝経由で位牌岳方面へ。あまり面白味のない山頂は目指さずに、池の平分岐を右に折れ鬱蒼とした雑木林を抜けてブナ平を通り抜けそのまま池の平をめざし水神社に戻る周遊コースだ。  つるべ落としの滝の上下はマツカゼソウが咲き乱れ、白い小さな花を風…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白馬山行

 2015年7月28日、栂池自然園より天狗原~乗鞍岳を経て白馬大池を目指す。  白馬大池 https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zKFcOi-nZ2Y ←Y0u tube「天狗原にて」 http://www.digib…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富士山中腹の散策

 富士山は、瓦礫の山の頂上を目指すよりも五合目から六合目辺りにかけての森林限界を縫うようにして散策した方が面白い。そこには素晴らしい森林が広がっており、その林床には数々の山野草やキノコ等が待っていてくれる。  と言うことで今回は、富士山のハクサンシャクナゲに逢いに、2015年7月4日、須走ルートを五合目から六合目にかけて歩いてみた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十里木高原にアシタカツツジの群生地を訪ねる

 5月が訪れた  草に木に若葉は萌え  木々の梢には小鳥たちがさえずる  そして、踊りだす花たち  ・・・  5月16日、新緑に包まれし十里木高原に、満開のアシタカツツジの群落を訪ねる。  アシタカツツジ:植物学の父といわれる牧野富太郎博士の命名。  トウゴクミツバツツジやミツバツツジと見分けのつか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あきそうび(秋薔薇)

 秋薔薇と書いて「とあきそうび」と読むそうな。意味は秋の装いとのこと。  その秋の装いを見に、伊豆は河津のパガテル公園を尋ねる。残念ながら台風18号に痛めつけられた直後。それにアキソウビの季節には少し早かった。  モネの絵画・「睡蓮」ではありません。本物の景色です。(笑 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬大雪渓末端を見る

 唐松岳から下山後、猿倉~白馬尻~雪渓末端まで歩く。  道すがら、今年初めてのアサギマダラに出会う。感動!  アサギマダラ  ホタルブクロ  ヤマアジサイ    タマガワホトトギス    オオレイジンソウ  キヌガサソウ    ミソガワソウ  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐松岳の花たち

 2014年8月3日~4日、北アルプス入門コースと言われる唐松岳を歩いた。入門コースと言えども流石は北アルプス、鹿の食害に泣かされる南アルプスと違い、山野草の多さに圧倒された。そのほんの一部を紹介しよう。    シナノオトギリ    シモツケソウ    ハッポウタカネセンブリ  タテヤマウツボ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湿原の花たち

 見晴より尾瀬ヶ原を縦断し鳩待峠まで歩いた。  「何れ菖蒲か杜若」と言うが、私はやはり杜若の方が美しいように思う。広大な尾瀬ヶ原の福島県側ではヒオウギアヤメが盛りだったが群馬県側ではカキツバタが盛りだった。それら以外にも魅力的な花が一杯で、またまたバスに乗り遅れそうだった。(笑)  コバイケイソウ    ツマトリソ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大清水から尾瀬に入る

 今回はいつもと趣向を変えて大清水からの尾瀬入りとなった。  7月2日夜半、バスにて池袋を経ち、3日の未明に大清水に着いた。バスの中で明るくなるのを待ち、早い朝食を済ませて出発。三平峠~尾瀬沼を経由して見晴を目指す。  新緑の遊歩道に入って、最初に出迎えてくれた花はタニウツギだった。続いてマタタビ・・・。  タニウツギ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都の春

 桜散り初める4月6日、南禅寺より法然院方面へ、くくり残されし春を求めてそぞろ歩く。  パソコンユーザーの方は、下のサムネイル画像をクリックし数秒お待ちください。新しいペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモス

 借景は富士。  贅を尽くしたバックに負けることなく、この時期、コスモスの花が美しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬・三条ノ滝散策

 尾瀬ヶ原における晴天の前兆である朝靄が消え、湿原が目の前に広がる。  朝露に濡れた草花を尻目に三条ノ滝を目指す。    チョウジギク  イワショウブ  トモエシオガマ  ネジバナ  平滑ノ滝  ホツツジ  カメバヒキオコシ  三条ノ滝 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地上の楽園・尾瀬アヤメ平を行く

 嘗て、「地上の楽園」と讃えられた「尾瀬・アヤメ平」  NHKで放送された唱歌・夏の思い出(夏が来れば思い出す~遥かな尾瀬、野の小道・・・)がきっかとなり、当時の若者たちが押し寄せ、彼らの踊るフォークダンスで楽園は踏みにじられ、自然破壊の象徴と言われるまでに荒廃を極めたらしい。  百年かけて復活を計ると誓った人たちのおかげで、大分回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国に一番近いお花畑・木曽駒ヶ岳千畳敷カールを歩く

 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった・・・あ、いや、ゴンドラを降りると、即、アルピニスト気分・・・そんな感じの千畳敷カールを歩いた。  我々を載せたゴンドラは、駒ケ岳ロープウェイ・しらび平駅から標高差約1000メートルを一気に駆け上がり、千畳敷カールに運んでくれた。これは素晴らしい。何の苦もなく標高2600メートルの天空のお花畑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝋梅

     芳しき蝋梅の新しき年  蝋梅の寿ぐ香りの中で新年を迎え、馥郁たる香りに包まれ幸せな気分を感じている。  新たな原発事故が起きずに、きょうと言う日を迎えられて良かった。  あの日以来、このように日々を迎えている。  これからも、こう言う新しい一日の迎え方の繰り返しとなるであろう。  「ああ~、新たな原発事故が起きず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8月の尾瀬ヶ原を歩く

 8月19日、前日の至仏登山の心地よい疲労感を抱きながら、尾瀬の木道を散策。  いつ来ても素晴らしい景色だ。孫に見せてあげたいが、いつまでこの美しい景色をとどめていてくれるであろうか?しかし、その前に原発だ!あれを無くさないことには日本の未来はない!  ところどころに初秋の気配が感じられる。来月は草紅葉を見に来る予定。  一見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

8月の至仏山

 2012年8月18日、尾瀬・至仏山に登る。  一昨年は7月に尾瀬ヶ原の山の鼻から登り鳩待峠に下りた。  今回は鳩待峠から山頂をピストンで往復し、尾瀬ヶ原の山小屋に向かう計画。  余程心がけが良いのだろう。「曇り時々雨」と言う気象庁の予報を覆し、早朝から青空も見える絶好のハイキング日和。夜半に降った雨のおかげで空気も澄み渡っている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南アルプスの女王・仙丈ケ岳を歩く

 2012年8月6日&7日で、南アルプスの女王と謳われる仙丈ケ岳を歩いてきた。  仙丈ケ岳ハイキングは、ここ広河原バス停より始まる。  高山植物の植生が豊かなことから、花の百名山と日本百名山の両方のカテゴリーに名を連ねる名山だそうな。  バスまたはタクシーで、北沢峠に着くと、早速、針葉樹林の中を、さまざまな花たちに見守られなが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一夜限りに咲く花

https://www.youtube.com/watch?v=wepTbECwbqw&feature=player_embedded&app=desktop ←やはり、この花を観賞するには、このBGMがいいかな?(笑 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花しょうぶ

 友人が所有する別荘の近くに「風さんが歓びそうな菖蒲園がある」と招かれ、伊東市池にある「伊豆高原 花しょうぶ園」を訪ねた。  山に囲まれた田園の一角の山の斜面に、その菖蒲園は棚田風に設えられていた。従って目の前に田圃が広がり、その向こう側は山並みである。夜になればゲンジボタルが乱舞し、素晴らしい幻想的な光景が醸し出されるとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more