風の気のままに記

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋の富士・宝永山を歩く

<<   作成日時 : 2015/09/24 22:24   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

 9月23日、初秋の富士山中腹を歩く。
 コースは富士宮ルート新五合目より新六合目に登り、そこから右に折れて登山道をはずれ宝永山方面へ。
 第一、第二、第三宝永火口を左に眺めながら、年寄りには足元のふらつくガレ場をひたすら下り、三辻、二ツ塚を通って太郎坊へ至る。
 早くも草紅葉が始まり、秋の深まりつつあるを感じる。
 あまり人気は無いが、なかなかいいコースである。富士山頂、宝永火口、宝永山の荒々しい光景を見たかと思えば、カラマツの樹林帯で癒され、その林床には可愛いコケモモが敷き詰められている。この季節はキノコも沢山見られる。ずっと下ると、二子山の美しい形にうっとり。この季節は駆け上がり植物の紅葉も楽しむことができる。実にバラエティに富んだ散歩コースだ。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

 ヤマホタルブクロ
画像


画像


画像


画像


画像


 ハナイグチ
画像


 キヌメリガサ
画像


画像


画像


 二ツ塚、通称二子山
画像


画像


画像


画像


画像


 マツムシソウ
画像



   フジアザミ
画像



 BGM付きスライドショーのデジブックでもご覧ください。
 http://www.digibook.net/d/f884cddb91998b7029d6fe3503b85cf3/ ←スマホの方はタップしたら器械を横にしてご覧ください。
 PCの方は下の画像をクリック。更に次の画面でデスクトップのマークをクリックし、フルスクリーンモードでご覧ください。
        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
山登りできないけれどいつもいつも風さんの写真を見ては登った気分を味わっています
ありがとうございます(^^♪
写真とても迫力がありますね。カメラ変わりましたか?
sakura
2015/09/25 16:57
>sakuraさん ありがとうございます。
カメラは、山に持って歩くとどうしても1〜2年で壊してしまいますね。2〜3ヶ月前に替えました。

2015/09/25 17:35
こんばんは(^^♪
ただ今フルウインドウでみさせていただきました。
やはり迫力ありますね(^−^)
風さんのお好きな山も秋の装いでしたね。
山登りの気分を味わいました。
ありがとうございした。
sakura
2015/09/25 22:02
>sakuraさん 閲覧ありがとうございます。16:9のワイド画像は迫力ありますね。

2015/09/25 22:15
富士山は遠くから眺めて、やはり日本一と叫びたくなりますが
中腹を丹念に歩いて多方面から見せていただくと叉違った感動が味わえます。
普通私たちには見られない宝永火口などの様子も有り難く拝見しました。
二子山の稜線は妖しいまでに美しいですね。
名残りの小さな花に心を残しつつ秋の深まりを教えてくれているようです。
雪ん子
2015/09/27 13:50
実にバラエティに富んだコースで楽しいですよ。
特に、二ツ塚、通称二子山は美しいですね。実は、古事記にも日本書紀にも記述はりませんが、この二子山は木花咲耶姫の胸の部分なんですよ。(笑)

2015/09/27 14:13
畏怖を感じる説ですこと。
木花咲耶姫の神々しいまでに均整の取れた溢れるような
姿態が脳裏を霞めます (^-^)
雪ん子
2015/09/27 20:50
ハイ、素晴らしいですね。失意のイワナガヒメ・・・お気の毒ではありますが、これでは敵いませんね。ニニギノミコトはさぞかしご満悦だったことでしょう。(笑)

2015/09/27 22:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初秋の富士・宝永山を歩く 風の気のままに記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる