寒雨降る 行くあても無し庭眺む

寒の雨 行くあても無し庭眺む     関連記事 【短歌】 故郷(ふるさと)を離れて眠る兵士らよ英霊よりも野仏であれ (東京歌壇入選) 兵士らの最期の地こそ慰霊の地 心に残る象徴の行脚 寒戻り春の遠のく震災忌 三寒四温は春の躊躇い (毎日歌壇入選) ほくそ笑む悪魔の顔が目に浮かぶ老朽原発再稼働の報 国破れ山河も失くす原発禍 再稼働の意義どこに見出す ことあらば山河喪失百万年 そを望むのか原発列島 万策の尽きたる時は吾も行き共に座ろう翁長雄志と (朝日歌壇入選) チコちゃんに叱られたよな衝撃の グレタ・トゥーンべリ怒りのスピーチ 軍事基地 「民も国土も環境も 守れぬ」と告ぐジュゴンの亡骸 軍備より不戦の誓いに抑止力 護り抜きたし憲法九条 九条は斬新なれど人心の風化は激し不戦忘るな 軍備より九条こそが抑止力 永遠であれ不戦の誓い 美ら海を破壊してまで安保基地 国土守らず民も守らず 天命も使命も帯びぬ身なれども捨ててはおけぬファッショの軍靴音(くつおと) 強軍を抑止力との思い込み国土守れず民も守れず 沖縄に犠牲を強いて傘の下 恥ずかしきかな大和心よ 登るより遠く眺むる富士が良い 磐長姫は禍福を転ず 添うよりも遠き雲見の富士が良い磐長姫は禍福を転ず にほんブログ村 【お気楽俳句】 軍備より外交力の抑止力 燻りを戦火となすな春驟雨 故郷(くに)追われ山…

続きを読む

季節の駅伝:晩秋から初冬へタスキをつなぐ

 12月6日、晩秋のランナーが初冬のランナーにタスキをつなぎ、紅葉の季節から落ち葉の季節に鎌倉の景色も変わろうとしていた。  散り残された葉が最後の輝きを放ち、ノブドウは虫に食われながらも最後の力を振り絞って蔓にしがみついている。屋外カフェの樹ガーデンはガスストーブを焚き、膝掛け用の毛布も用意し、すっかり冬支度は整った!  さあ!季節の移ろいを楽しもう。  BGM付きスライドショーのデジブックアルバムでもご覧ください。  http://www.digibook.net/d/6e85c3b781c8bdf025927e1327aadcf5/?viewerMode=fullWindow ←できればPCでご覧ください。クリックしたら次の画面のデスクトップのマークをクリックしてフルスクリーンモードでご覧ください。            にほんブログ村

続きを読む

イルミネーション

 静岡県御殿場市の御殿場高原時之栖にて・・・。  α~ (ー.ー") ンーー う~ん、明るすぎる。  お子様向けかな?┐( ̄ー ̄)┌ アッシのセンスと違う。(-_-)ゞ゛  大人向けにするには、“青色”を使った方がいいな。それに明るすぎる原因のシカバナ見たいな白いバックは要らないな。ヽ (´ー`)┌  ┐( ̄ー ̄)┌  Merry Christmas  もう一度スライドショーでご覧になる場合はここをクリック。

続きを読む

季節の花(1月、小田原城で)

 蝋梅の開化の報せが各地から届き、春が間近に迫っていることを感じる。  春の日差しに照り映えた可憐な蝋梅の花を目にしたい。  スギ花粉の飛散が本格化する前に、香りを楽しんでおこうと出かけてみた。クンクンやってハクションでは様にならないからね。  素心蝋梅・・・素心とは、辞書を引くと「かねての心」とある。ネーミングからしてチャーミングではないか。    花自体もとても可憐で、妄想を逞しくしてくれる。  「蝋梅が咲いているよ」と聞くと、黄色い可憐な花が当たり一面咲き乱れている様を思い浮かべてしまう。  しかし、身近にそう言う場所はない。秩父の長瀞の宝登山まで行けば、そう言う光景を目の当たりにできるようだが、残念ながらまだそこまで出かける機会を得ていない。  昨年、写真で目にした小田原城の満月蝋梅の形が見事であったので、今回は小田原まで出向いてみた。やはり逞しすぎる妄想は見事に裏切られた。さほど大きくない蝋梅の木が十数本植わっていた。  が、まあ、そこそこ香りを楽しみながら可憐な花を愛ずることができた。ヽ( ´ー)ノ

続きを読む

雪の鎌倉・浄智寺

 つれない明月院に門前払いを食わされた足は瑞泉寺へ向かっていた。しかし、直ぐ脇を通り過ぎる車を気にしながらシャーベットの中を歩くのが急に嫌になり、 『よし!車の通らない山越えにしよう。』そう思うとすかさず踵を返していた。  ほどなく浄智寺脇の山越えルートに辿り着いた。が、その前に、ちょっと浄智寺の蝋梅を見て行こう、と言う気になった。

続きを読む

雪の東慶寺

 以前から、雪の鎌倉を一度散策したいと思っていた。  そこへ朗報。2月3日関東地方に大雪の知らせ。一夜明けた4日は晴れ渡り、絶好の散策日和。雪が融けない内にと電車に飛び乗った。  北鎌倉のプラットホームに降り立つも嫌な予感。気温はかなり上がっており、日差しも眩しいほどに強い。  駅を出ると、車道には殆ど雪はなく、歩道の雪は泥混じりのシャーベット。  家を出た時の期待を半分ほどに縮めて東慶寺の門をくぐった。  雪も期待したようなイメージではなかった。蝋梅ももう終わりのようで、花弁に黒い筋が入ってしまっていてあまり綺麗ではない。  さて、次の明月院へと足を向ける。  な、な、なんと!  門前払いであった。(ノ_<。)

続きを読む